レンタル

ビザ付きの家?

アメリカ経済回復に向けて試行錯誤で出された法案で、外国人がアメリカで住宅用の不動産購入に50万ドル以上現金で費やすと アメリカで住居できるビザがもらえるというものだ。 条件の一つとして 一年を通して6ヶ月以上の滞在が記されている。 アメリカで売れ悩んでいる不動産事情を経済的に余裕のある外国人の手を借りるという作戦だ。 必然的に住むとなると地域の経済も潤うし、固定資産税などの税プラスにもなる。 住居のためのビザなので就業はできないので、国内で外国人に仕事を取られるという心配もない。

50万ドルの内訳としては25万ドルは自分が住む住宅用、後の半分は賃貸用の住宅でも構わないそうだ。 オアフ島は一戸建て住宅の中央価格が60万ドル弱なので、最低限の50万ドルは十分に上回れる。

この法案は提案の段階だか、これが通れば憧れのハワイで生活をしたい人には とても良いニュースだ。

America’s Emptiest Cities

Las Vegas just edged Detroit as America’s emptiest city. Detroit was in decline for decades, Las Vegas was flourishing with new construction and economic development and hit hard by the housing collapse. Empty neighborhoods [...]

Obama’s Kailua Beach Rental

You too can rent the same 5-bedroom Kailua beach-front house that Barack Obama and his family are renting over their 12-day vacation.

The house was originally built in 1934 for Harold K.L. Castle, the landowner [...]